モトヤ丸アポロ

書体解説

モトヤ丸アポロは、スッキリとして明るいイメージが特徴のアポロから生まれた書体です。ハネ先や角を丸める事で柔らかさを表現しており、点の押さえや右ハライの終筆部分などは丸めず鋭角にすることでまろやかな中にもシャープさをかもし出しています。本文から見出しに使用可能なウエイトをラインナップして、より多彩な文章表現が可能になりました。1969年にタイプ活字として開発された「モトヤアポロ」は、半世紀近い時を経て書体づくりへの真摯な姿勢が引き継がれ「丸アポロファミリー」へと昇華を遂げました。

フォントシミュレーション

お好きな文字を入力すると、その文字をフォントで表示します。

モトヤ丸アポロ4

モトヤ丸アポロ6

モトヤ丸アポロ8

対応文字セット

ウェイト OpenType TrueType 学参 U-PRESS その他
Pr6 Pro Std EX外字付き 外字なし JIS X 0213
モトヤ丸アポロ4 - - - - - - -
モトヤ丸アポロ6 - - - - - - -
モトヤ丸アポロ8 - - - - - - -

フォント製品の導入

組込みフォント

モトヤの組込みフォントは高い可読性に加えて見やすさを兼ね備えており、様々な分野に適したフォント製品をご提案いたします。

詳細はこちら

オンラインショップ

読みやすく見やすいモトヤフォントが1書体から購入できます。複数書体をまとめたお得なセット商品もございます。

詳細はこちら

モトヤLETS

モトヤの書体ライブラリーを年間ライセンス方式でお使いいただけるプログラムです。

詳細はこちら
書体一覧に戻る