モトヤLETSのご紹介

モトヤ書体の開発は、1950年代から始まり現在に至っています。
この間モトヤ書体は、鉛活字、タイプ活字、写植用文字盤、デジタルフォント(ビットマップフォント・アウトラインフォント)と様々な組版手段に対応し、その製品形態を変えてきました。しかし永年にわたる書体開発の歴史の中で、変わらないものが「可読性」と「文字の美しさ」の追求です。

年間定額制フォントサービス「モトヤLETS」では、その高品位な書体がすべて自由に、そして安心してご使用いただけます。

新しいモトヤLETSの特徴

ユーザー単位のライセンス形態

従来の「モトヤLETS」は、PCごとのライセンス認証ですが、ユーザー単位のライセンス認証に変更します。ご利用いただくフォントの情報はユーザー情報に紐づくので、PCを乗り換える際に、フォントをインストール/アンインストールする手間が省けます。

2台まで同時接続可能

PCの登録やフォントのインストールは無制限で、1ユーザーあたり2台まで同時にフォントをご利用いただけます。1台は勤務先のPCで、もう1台はテレワーク勤務など別の場所に設置されたPCでご利用いただくなどが可能です。

Webベースでインストール

従来の「モトヤLETS」では「LETSアプリ」をPCに常駐させ、アプリでフォントを管理していましたが、Webサイトでログインし、フォントのアクティベートを管理する形式に変わります。

PC間でフォントリストを同期

Webサイトにログインし、使用したいフォント、お気に入りのフォントなどをリスト化して管理できます。リスト単位でアクティベートの管理ができ、リストはPC間で同期されます。

モトヤLETSのメリット

豊富なラインナップのモトヤ書体が使い放題

既存のモトヤ書体だけでなく、これから新たにリリースされるモトヤLETS新書体や新しい文字セット、新しいウエイトが年会費のみですべて使用可能です。

計画的な予算立てでコスト削減に貢献

年間ライセンス契約のため、経費の固定化ができ、計画的な予算立てが可能です。また、年会費以外には追加経費は必要なく、複数の書体を購入することに比べて、大幅にコストの削減が可能です。

利用フォントの統一化が可能

モトヤLETSでは、フォントのインストール・アンインストールが自由に行えます。これにより、事業所間や社内外でのフォント環境を統一することが出来、制作作業を円滑に進めることが可能です。

使用可能な書体

モトヤLETSでは、モトヤが提供している様々な書体が使用できます。

可読性と文字の美しさに定評のある基本書体や、正楷書などの筆文字書体、モトヤアポロなどのデザイン書体だけでなく、可読性と視認性を併せ持ったUDフォントや教材などに最適な学参フォントなども自由に利用出来ます。

  • モトヤLETSで使用可能な書体の紹介1
  • モトヤLETSで使用可能な書体の紹介2
  • モトヤLETSで使用可能な書体の紹介3

価格と内容

入会金 無料
年会費 49,500円(税込)/1契約
契約年 1年間
提供フォント モトヤコレクション 371書体
動作環境 MacOS 10.12以降(日本語環境)
Windows 10 ver.1809以降(日本語環境)
・インターネット接続環境
・200MB以上のハードディスク空き容量
・2GB以上のRAM推奨

モトヤLETSのサービス詳細につきましては、こちらをご覧ください。

現在、モトヤLETSをご利用いただいている皆さまへ

現在ご契約いただいている内容・サービスは引き続きご利用いただけますが、2021年2月よりサービス開始となる新しいモトヤLETSの契約に切り替えることにより、新形態の機能をご利用いただくことができます。
また、更新の際には新しいモトヤLETSへの切り替えをご検討願います。

従来のモトヤLETSのご紹介はこちら

モトヤLETS 見積依頼フォームはこちら