組込みフォント

モトヤ書体の開発は、1950年代から始まり現在に至っています。
永年にわたる書体開発の歴史の中でも変わらずに追求してきたものが、「高い可読性」と「文字の美しさ」。モトヤフォントは情報伝達の正確さと優れたデザイン性を併せ持ち、Web・CG・携帯電話やAndroidスマートフォンなどに幅広く採用されています。組込み分野では医療・精密機器や車載ディスプレイなど多くの実績があります。

*多言語・レイアウトエンジン・各種カスタマイズにも対応いたします。

組込みフォントとは

医療・精密機器や車載ディスプレイ、OSやソフトウェアなど幅広い分野での組込みフォントの実績があります。モトヤの組込みフォントは「高い可読性」に加えて「見やすさ」を兼ね備えており、様々な分野に適したフォント製品をご提案いたします。

医療・精密機器 向け 組込みフォント

情報伝達の正確さが求められる医療・精密機器分野向けに、可読性・視認性・判読性に優れたユニバーサルデザイン対応フォントをご提供いたします。また、JIS 第3・第4水準を収録したJIS X0213:2004対応フォントも充実したラインナップを準備しております。

車載機器 向け 組込みフォント

車載機器への組込みに適した各種サイズのビットマップフォントをご用意しております。小さいサイズでも視認性に優れ、低容量のビットマップフォントは容易に機器へ組込むことができます。更にビットマップを滑らかに表示させるグレースケールフォントも提供いたします。

通信・放送機器 向け 組込みフォント

通信・放送機器への組込み用にARIBの標準規格である「ARIB STD-B62」に準拠した、ARIB対応フォントをご提供いたします。用途に応じたカスタマイズやアウトラインフォント・ビットマップフォントに対応しています。

 

導入までの流れについてはこちらお問い合わせについてはこちら